「視力測定」タグアーカイブ

元気と若々しさの秘訣は、、、

こんにちは。グラスメイトの古賀です。
節分も過ぎて、春が待ち遠しい今日このごろですね。
昨年末の接触事故の修理のため愛車が入院中なので、その間のレンタカー生活が2週間になりました。
ディーラーさんがミニクーパーのレンタカーを用意してくれたので不便はないのですが、スタッドレスではないので雪が降らないことを日々祈っております。^^

さて本日は、4年ほど前にお作りさせていただいた遠近両用メガネのレンズに傷が付いて見づらいとのことでご来店された、お得意様のA様にお作りした「Pas a Pas2116-PL-50」Made in japan&東海光学「ルティーナグラナスHX肌美人BEAUTEクリアモーヴ20/0」のご紹介をさせていただきます。

●ルティーナについてはこちら

●肌美人についてはこちら

●東海光学グラナスについてはこちら

予約のお客様がいらしてたので、暫しお待ちいただいている間にご自身でフレームを選んでいらっしゃったA様ですが、「大好きな色なのーっ!^^」と即決で選ばれたフレームは「Pas a Pas2116-PL-50」

先日の展示会で私達も一目惚れで仕入れてしまった、マットな青みパープル系のメタルと、大理石調のキレイなネイビーとブラウンのテンプルのコントラストが上品で存在感のある素敵なフレームなのです。

A様の若々しさの秘訣、追っかけしちゃうくらい大好きなEXILEのコンサートも良く見えるメガネでさらに楽しくなりそうですね(^^)!!

■装用度数について
旧眼鏡度数(遠近両用めがね)
R  PD31.5 視力 0.9  S+0.75 C-0.50 AX70 ADD2.75
L   PD33.0 視力  0.6  S+1.00 C-0.25 AX110 ADD2.75
左目の視力が0.6で左右のバランスが良くない状態になっています。
今回お作りした新眼鏡度数(遠近両用メガネ)
R     PD31.5     視力 1.0  S+0.25 C-0.25 AX80 ADD2.75
L     PD33.0     視力  1.0  S+0.50     C-0.50     AX90 ADD2.75
遠視を補正して、遠くも近くも楽にピントが合うように調整させていただきました。

70代のA様ですが、フットワークも軽く現役で都心の職場まで毎日通勤されてます。
お渡しから数日経ったある日、通勤途中お立ち寄りいただき「すっごくよく見えて嬉しいわ~!!(^^)」と眼鏡や冥利につきるお言葉をいただきました。^^

A様、いつもグラスメイトをご利用いただき、誠にありがとうございます。遠方、近方ともに「楽に良く見える」ように丁寧な視力測定とメガネの加工調整をさせていただきました。

掛け具合の調整やクリーニングも大切ですので、これからも時々お店にお立ち寄りくださいませ。また、楽しいお話聞かせてください!!(^_^)

——————————————————————————
GlassMateでは、眼鏡作りに想いのある日本製のメーカーを中心にお取扱いさせていただいております
当店で、「素敵で楽しくなる」メガネをじっくりとお選びください。^^
GlassMate
〒182-0006東京都調布市西つつじケ丘3-37-2横田ファイブ1F
ご来店時に他のお客様と重なりますと、長時間お待たせしてしまうことがございますので、よろしければご来店の前にご予約頂けたら幸いです。
ご予約はお電話でどうぞ。
TEL:042-487-7333
(出張でのご相談も承っております)
—————————————————————————

 

 

使用目的に合わないメガネは疲れます。装用テストでしっかり確認ですね^^

こんにちは。グラスメイトの古賀です。
先日、愛車のMINIを点検に出したところ、ディーラーさんが代車を用意してくれました。

320D Mスポーツでした。
小さなMINIと比べれば車内は広く、色々な先進技術やFRの走りも快適で心地いい~!!
しかし、愛車MINIは内外装ともに個性的でかわゆくて、ゴーカートみたいな走りもたまらなく好きなのです❤^^
ちょっとレトロな雰囲気のMINIですが、やはり私には愛車のMINIが一番しっくりきます。^^早く戻ってこないかな~!!

しっくりくるといえば、メガネの場合、日々の生活をより快適に過ごすために視力や使用目的に合ったレンズとフレームの選択(もちろんデザインも)が非常に重要となります。

とゆうことで、本日は、ロマンスグレーがダンディなミュージシャンのS様にお作りしたSOLIDBLUE S227-2-50」MADE IN JAPANのご紹介をさせていただきます。

■装用度数について
《旧眼鏡度数(遠用メガネ)》
R 視力 0.4 S -6.00 C-0.75 AX20
L  視力 0.3 S -6.50

現在お使いのメガネに関してS様曰く、「近頃ステージからお客様の顔が見えにくいんだよね・・・」

当時、度数を決めた際に、使用目的の確認と充分な装用テストがなく非常に短時間の視力測定だったそうです。
もしかすると、70代のS様が常用されることを考慮されての低補正だったのかもしれません。

《新眼鏡度数》
R 視力 0.7 S-7.25 C-1.00 AX25
L  視力     0.7 S-7.75

室内や屋外において、充分な見え方の確認と違和感を考慮し、S様のご希望の見え方により近づけるように、RLともにと近視矯正度数とR乱視度数及び乱視軸を適正に変更させていただきました。

お選びいただいたフレームは「SOLIDBLUE S227-2-50」MADE IN JAPAN
S様はカジュアルなフレームは初めてとのことでしたが、知的な雰囲気のあるメタルフレームでS様のダンディな魅力が一層引き立つ感じです!!
また、強度の近視レンズでも厚みが目立たない小ぶりなサイズと幅広のリムもお勧めポイントなのです。^^

■S様より、今回のメガネの感想^^

後日、「希望通りの見え方になり、違和感も無く快適に使っている!!」とのご報告をいただきました。
メガネ屋冥利に尽きますね。(^o^)

快適な状態を保つためには、掛け具合の調整やクリーニングも大切ですので、これからも時々お店にお立ち寄りくださいませ。(^_^)

———————————————————————————–
GlassMateでは、眼鏡作りに想いのある日本製のメーカーを中心にお取扱いさせていただいております
当店で、「素敵で楽しくなる」メガネをじっくりとお選びください。^^
GlassMate
〒182-0006東京都調布市西つつじケ丘3-37-2横田ファイブ1F
ご来店時に他のお客様と重なりますと、長時間お待たせしてしまうことがございますので、よろしければご来店の前にご予約頂けたら幸いです。
ご予約はお電話でどうぞ。
TEL:042-487-7333
(出張でのご相談も承っております)
———————————————————————————

 

 

 

左右の視力の差って、片方見えてるので自覚しにくいですよね。

こんにちは。久々の投稿になりました!^^
グラスメイトの古賀です。
本日は、「今まで一度もメガネを掛けたことは無かったけど、最近視力が下がってきて黒板が見づらいような・・・」とのことでご来店された、中学生のY君にお作りした「OWL todobien 53-BK」のご紹介をさせていただきます。

まずは視力のチェックをして、適正な装用度数及びレンズの種類をご提案させていただきます。
1. 裸眼視力
R 視力0.5
L  視力0.2
近づけばなんとなく見えてはいても、後ろのほうの席でははっきり見えないであろう裸眼視力でした。
利目である左目の方が見えてないので疲れやすいし、そのまま放置すると左右の度数差が拡大して両眼視機能が低下してしまう可能性もあります。

2. 新眼鏡度数
R 視力1.0 S-0.50 C-0.50 AX70
L  視力1.0 S-1.50 C-0.50 AX70
中学生のY君ですが、現時点で完全矯正視力が1.0弱となりました。
気付かぬうちに視力の低下した状態が長期間続いていた事の影響かもしれません・・・。
今後、適正な度数のメガネを掛けることで矯正視力向上の可能性もあると思います。

装用度数が決まりましたので、当店のお得意様でメガネが大好きなお父様と一緒に、Y君の初めてのメガネフレームをお見立てさせていただきました。
色々なタイプのフレームを一通り試されたY君が、迷いなく選んだフレームは「OWL todobien 53-BK」。
芸能人やアスリート等、多くの著名人が掛けている「OWL」のお洒落なシェイプのセルフレームです。
中学生なのですが、少し大人びた雰囲気のあるY君は違和感無く掛けこなしてます。

Y君、この度はグラスメイトをご利用いただいて、ありがとうございます。
メガネを長く快適にご装用いただけるよう、定期的に点検にもお越しくださいませ。
また、成長期の学生さんは度数変化の大きい方もいらっしゃいますので、年に一度は視力測定をお勧めします。

——————————————————————————
GlassMateでは、眼鏡作りに想いのある日本製のメーカーを中心にお取扱いさせていただいております
当店で、「素敵で楽しくなる」メガネをじっくりとお選びください。^^
GlassMate
〒182-0006東京都調布市西つつじケ丘3-37-2横田ファイブ1F
視力測定はご予約の方優先です。ご予約はお電話でどうぞ。
TEL:042-487-7333
——————————————————————————